狭小地での工事監理

事務所スタッフ全員でデザインや空間を検討し練りに練った、
狭小敷地での鉄骨造の共同住宅の杭打ちが行われました。

 

基礎の重要な部分になる杭をケンマ工法で施工。
無事に入るかドキドキしましたが、無事終了。

 

今後、この杭の上に基礎がのり、建物が立ち上がります。
検討を重ねたデザインの建物が出来上がっていくのが楽しみです。